揚げ物大好き!ぽっちゃり旦那

お腹がヤバい!!

rainbow

金額・利用目的・事情の把握で借りる先は変わる

手元に現金が無く、銀行にもお金が無い場合、金額にもよりますが
数万円~数十万というお金が必要になった場合、私なら専業主婦でも借りれる消費者金融を利用します。

理由は、「人に迷惑をかけたくない」からです。

「金の切れ目が縁の切れ目」等と言われているように、大金の貸し借りは、精神衛生的にも良くありません。
お金を借りる先が知人であれば、「信頼関係」にも関わってきます。
消費者金融であれば、借りる先が「見ず知らずの他人」な訳ですから、こちらがしっかり返済すれば、他に気にする事も無いでしょうし
「返済のみ」を考えれば済みますが、これが知人からの借金となると、「返済日」・「信頼関係」・「感謝の品物」等
色々な事を考えねばなりません。

借りるお金の用途が「自分への投資」なら尚更、知人からは借りづらいです。
あれこれと、色々な事を考えてしまい、おそらく自分への投資に集中できなくなってしまうと思います。

「金額」・「利用目的」によっても、どこから借りるか変わってくるとは思います。

本当にすぐに必要で、銀行も閉まっている・消費者金融も閉まっているという場合は、「すぐに返すので」と借用書のようなモノを書き
私の場合は、両親から借りると思います。

また、会社命令による「急な引っ越し」でお金が必要になった。等の場合も、両親から借りるかもしれません。

「振り込め詐欺」が横行しているので、我が家では電話に出る際に「合い言葉」を利用していますし
お金のやりとりは、直接目の前で行うので、「振り込め詐欺」には両親は引っかからないとは思いますが
急にお金が必要になった!という場合を想定すると、「振り込め詐欺」というのはよく出来ているな。と関心します。

逆に、少額のお金が必要になった場合。
飲み会等で、数百円足りない。少しだけ足りない程度なら、同僚や上司にお金を借りるかもしれません。
また、飲み会帰りで帰りの電車が無くなってしまった場合も、タクシーを利用する為に、同僚や上司に相談するかもしれません。

「お金を借りる側」と「お金を貸す側」がどれだけ相手の事情を把握しているかによっても、変わってくると思います。
上記のタクシーの場合なんかは、「終電が無くなって困っている」というこちら側の事情を、相手が分かっているので、おそらく貸してくれると思います。
しかし、「何も言わずに1万円貸してくれ!」等と言ったら、おそらく貸してくれないと思います。

まとめると、「金額」・「利用目的」・「事情の把握」によって、借りる先はあれこれと変わってくるのではないか?と思います。

 

Leave a Reply

CAPTCHA